kizuカイロプラクティックスメディア掲載について

 

出版物 雑誌 テレビ カイロプラクティック取材協力

 

取材関連

kizuカイロプラクティックでは、多くのメディアから取材を受けております。一部をご紹介させていただきます。

 

日本テレビ「スーパーサプライズ なるほどドットJAPAN」、「ズームイン朝」

フジテレビ「目覚ましテレビ」 「とくダネ!」 「ノンストップ」

東京放送(TBSテレビ)「はなまるマーケット」、白熱ライブ「ビビット」

NHK放送 「こんにちはいっと6けん」 

テレビ朝日「スーパーJチャンネル」、

韓国KBSテレビ局等多数

 

新聞:

日本経済新聞朝刊、夕刊、

読売新聞朝刊、

産経新聞社、

朝日新聞、

日刊ゲンダイ、
夕刊フジ
ダウ・ジョーンズ通信社 
The Wall Street Journal Asia版等多数

 

雑誌:

日経ヘルス、日経PC21、日経ビジネス、日経PCビギナーズ、ゴルフダイジェスト
日経ヘルス別冊 、小学館「DIME」、マガジンハウス社「anan」、講談社 「Style」等多数

 

Web::
日経BP社サイト、有線ブロードバンド・GYAOサイト

KIRIN Webサイト、毎日コミュニケーション社サイト等多数

 

木津直昭の著書

 

「究極の座り方」 文響社

 

「究極の座り方」 文響社

現代人は非常に多くの時間を「座り姿勢」で過ごしています。

特にオフィスワーカーは、パソコンの前に座っている時間が1日10時間以上という人も珍しくありません。実は「座り姿勢=ラクな姿勢」というのは大きな勘違い。身体(首、肩、腰など)には立っているとき以上の負担がかかっています。

悪い座り姿勢が、頭痛、首こり、肩こり、腰痛、ストレートネック、背中の痛み、手足の痛み・しびれ・むくみ、四十肩・五十肩、胃腸の不調(便秘や下痢)など、様々な痛み・不調の原因になっている恐れもあるのです!

実際、東京・日本橋でカイロプラクティック院を約30年間にわたり続けている著者のもとには、近年、こうした症状に悩み、来院する患者が後を絶ちません。

そこで本書では、

◎痛み・不調の原因となる「悪い座り方」の例

◎「悪い座り方」でゆがんだ体を元に戻すエクササイズ

◎簡単に実践できて身体に負担をかけない「究極の座り方」

などを、やさしく指南します!

人生の半分以上は座っています。

正しい座り方を身に着けて心も体も健康に!

アマゾンで購入する

 

「なぜできる人は姿勢がいいのか?」 清流出版

 

「なぜできる人は姿勢がいいのか? 清流出版

あなたは、1日何時間座っていますか?デスクワークは、時間が長いほど寿命を縮める!

しつこい頭痛、腰痛、肩こり…その原因は姿勢にあった! 施術30年、のべ15万人を治療してきた経験から導き出された姿勢をよくするメソッド満載。 不調から解放され、ハイパフォーマンスな身体を手に入れるための簡単な方法を紹介します。

正しい姿勢が、あなたの能力を最大化させる。ハイパフォーマンスな身体を手に入れろ!背筋と業績を伸ばす、超簡単・KIZU式メソッド。姿勢は究極の生活習慣!超多忙なエグゼクティブほど姿勢がいい。パソコン・スマホ時代の究極のニュートラルストレッチ&筋トレ。

アマゾンで購入する

 

「血管を強くする歩き方」 東洋経済新報

 

「血管を強くする歩き方」 東洋経済新報

本書は東京大学医学部附属病院循環器内科 助教 稲島司医師との共著です。

速く歩く人ほど長生きする!

米国の調査結果です。 ゆっくり歩く人は、速く歩く人に比べて、 がんや糖尿病、心不全、脳梗塞などの重大疾患になる確率が 約3倍も高くなるというのです。 ほかにも、健康と歩く速度に関する調査結果が出ています。

● 高血圧を改善

● コレステロール値を改善

● 糖尿病を予防

● 心疾患を抑制

なぜでしょうか? 速く歩くと血管に適度な負荷がかかるので、血管を強くすることができます。 速く歩けるということは、足腰(骨、股関節、筋肉)も健康な証拠です。 逆に、速く歩けなくなると、血管の老化が進んで病気になりやすくなります。

だから、いつまでも健康でいたいなら、 心拍数を上げて血管に適度な負荷がかかるように、速く歩くことが大切なのです。 ですが、関節に無理な力をかけるような間違った歩き方やジョギングを続けていると、 年をとるとともに、腰痛、膝痛、関節痛などの症状が出てきます。 下半身の筋肉も弱まってきます。

本書でご紹介するパワーハウスウォーク!

カラダの軸をつくるパワーハウス筋を鍛えることができます。 いま流行の体幹を無理することなく鍛えることができ、 背筋がピンと伸びるので、見た目年齢も若返ります。 いつまでも健康に長生きするために、 正しい歩き方をマスターしましょう。

アマゾンで購入する

 

 

「スマホ症候群」に気をつけて! 双葉社

 

「スマホ症候群」に気をつけて! 双葉社

■第1章 「スマホなしの生活」なんて考えられない!

■第2章 スマホでカラダに大変化!−スマホ症候群

■第3章 「スマホ肩」と「スマホ肘」って?

■第4章 本当は怖い「ストレートネック」

■第5章 カラダのゆがみを作る筋・筋膜の癒着って?

■第6章 5分でできる「これだけ!5ステップの改善法」

■第7章 20分の「骨盤ウォーキング」のススメ

 

本書がスマホ症候群の予防、そして姿勢の重要性に関心を持つきっかけに

なって頂くことを切に望みます。

そして、スマホを有効活用しながら、痛みや辛さのない快適な生活を送るための手助けとなる一冊になれば、著者としてこの上ない喜びであります。〜本文エピローグより

 

アマゾンで購入する

 

 

 

その痛み・不調は座り方を変えれば消える! PHP出版

 

その痛み・不調は座り方を変えれば消える

■第1章 その痛み・不調の原因は「座り方」にあった!

■第2章 誰でも「正しい座り方」ができる超簡単3ステップ

■第3章 「悪い座り方」でゆがんだ身体を元に戻す!

■第4章 「悪い座り方」を予防するコツ

■第5章 身体の仕組みを知れば、ラクに正しく座れる

●解説:

この本は、これからの座り生活をどのように過ごしていけばいいか?

座り方がどれだけ体に負担をかけているの?について学べる本です。

少し大袈裟ではありますが、座り方のマニュアル本として

全世界に提案していければと考えています。 (木津)

 

アマゾンで購入する

 

 

ねこ背を治してダイエット 池田書店

 

ねこ背を治してダイエット 池田書店

猫背を治すとダイエットになる? 関係ないんじゃないの?と思う人が

いるかもしれませんがこれ、本当なのです。

本書は、イラストが多く女性でも読みやすい本になっています。

 

■Chapter1 ねこ背を治すだけで美人度アップ
■Chapter2 毎日の動作でねこ背を治す
■Chapter3 ねこ背を治す簡単エクササイズ

●解説:

この本は、これからの座り生活をどのように過ごしていけばいいか?

座り方がどれだけ体に負担をかけているの?について学べる本です。少し大袈裟ではありますが、座り方のマニュアル本として全世界に提案していければと考えています。 (木津)

 

ねこ背を治してダイエット 池田書店 アマゾンで購入する

 

 

 

パソコン、スマホで筋肉が癒着する!

パソコン、スマホで筋肉が癒着する!

■第1章 危機に瀕している手・腕・肩
■第2章 本来の姿を失った背骨・骨盤
■第3章 椅子と座り方についての検証
■第4章 毎日の姿勢、癖をチェックしてみよう
■第5章 これからの対策

 

【推薦文】
現代人の姿勢の悪化に警鐘を鳴らし、身体の不調の原因を"筋肉の癒着"という新しい概念で解説した、専門家でも読み応えのある良書である。
(整形外科医 竹谷内 康修)


●解説:
この書は、27年間の臨床で患者さんの身体が教えてくれたことを一冊まとめました。初めての書籍ということもあり、伝えたいことが山ほど出てきてしまったので内容は、少し専門的な濃いものになってしまいました。
この書で一番伝えたいことは、パソコンやスマホが日常の大半を占める社会環境で、どのようなことが身体に起っているのか、そしてそれを未然に防ぐにはどうすればいいのか?

それらの影響と対処法についてメカニズムから詳しく説明しております。
これからも増え続けるであろうパソコンやスマホ等による障害への警鐘を鳴らす一冊であります。
(木津)

 

アマゾンで購入する

 

 

 

新聞・テレビ・雑誌 取材(2015年~2016年)

『木津直昭先生による「歩き方」編』

株式会社マガジンボックス「0円健康 超基本編」<2016年5月01日号>

『スマホ症候群の傾向と対策』木津院長が取材を受けました。

テレビ朝日「羽鳥慎一のモーニングショー」<2015年12月02日AM8:00>

『スマホ症候群のメカニズムと対処法について』木津院長が取材を受けました。

TBS「ビビット」白熱ライブ<2015年11月26日AM8:00>

『スマホ&PCと正しくつきあう。』木津院長が取材を受けました。

コンデナスト・ジャパン社「VOGUE 9月号」<2015年10月01日号>

『スマホ肩にならないエクササイズ』 木津院長が取材を受けました。

光文社「女性自身5月号」<2015年05月05日号>

『首、背中、骨盤のゆがみをとり猫背を直して-5歳の美姿勢に』 木津院長が取材を受けました。

日経BP社「日経ヘルス4月号 №217」<2015年03月02日号>

『働き女子の疲れは「座りっ放し」が原因でした』 木津院長が座り方監修取材協力いたしました。

日経BP社「日経WOMAN №376」<2015年3月号>

『血管を強くするのに簡単にできることは Q&A』 木津院長が取材を受けました。

日経BP社「日経ヘルス №202」<2014年12月2日号>


『指と手首が痛くて動かせない』 木津院長が取材を受けました。

日刊ゲンダイ<2014年10月21日号>

 

はじめての方へ 治療について 患者様の声 アクセス メディアマスコミ掲載について

 

 

 

【コンテンツ】

トップへ

はじめての方へ

動画で紹介

料金について

よくある質問

アクセス

お問い合わせ

【知る】

KIZUカイロプラクティックとは

動画で紹介

院長より挨拶

 

【実績】

患者様の声

書籍の紹介

出版協力

取材協力

 

 

【グループ】

日本橋メイン

二子玉川

日本橋アネックス

 

 

 

フェイスブック

 

〒103-0027

東京都中央区日本橋3-8-6第2中央ビル2F 03-3272-1939

月〜金 10:00〜20:00

土日 10:00〜17:00

祝日休診