誰でも一度は経験があると思いますが、夜眠れなくなる不眠。
寝よう寝ようと思えば思うほど寝れなくなる。やっかいなものです。
 

 
布団を干すのに望ましい時間は午前10時から午後3時頃までです。
雨の日の翌日は地上から蒸発した水蒸気が多いので、避けたほうが良いでしょう。
布団干しの効果はこんなにあります。
 

 
カナダの博士発表
日本経済新聞 夕刊1999年3月17日(ワシントン16日共同通信)
不眠症に悩む年配の患者に、ベットに入る時間を制限する等の行動療法を 行なったところ、薬を使った治療以上に効果があったと、カナダ・ラバル大学の チャールズ・モリン博士らが17日付けの米国医師会雑誌に発表した。
博士らは、平均65歳の不眠症患者に対して、眠い時だけベットに入る、 睡眠時間の多少に関わらず毎朝同じ時間に起きる・・・等の制限を課す行動改善療法 を実施、薬を与える治療と効果を比較した。
その結果、2ヶ月後には行動療法を受けた患者18人のうち14人が不眠症ではなくなった。 患者20人のうち10人に効果があった薬物療法よりも良い成績だった。 博士らは、2ヶ月間の治療が終わってから追跡調査を行なった。薬物治療の患者は、 薬を止めると共に効果がなくなっていったが、行動治療を受けた患者は効果が続いていた。
 
行動改善は、以下の5項目
 
1. 眠い時だけベッドに入る
2. 読書やテレビを見る時など睡眠以外にベットを使わない。
3. 15から20分で寝付けなかったらベットから出る。
4. 眠るまで 3. を繰り返す。
5. 毎朝同じ時間に起きる。
 
この治療結果で重要なのは、追跡調査の結果だと思います。
効果が持続していると言う事実です。全世界で不眠症患者は増加の一途と聞きます。
薬物に頼らないこのような研究がますます増える事を望みます。
購入画面へ
copyright 2015 KIZU CHIROPRACTIC ALL RIGHTS RESERVED.