久しぶりのゴルフで腕の痛み(50代男性 会社員)

1ヶ月前に久々にゴルフの練習に行ったあとからに右上腕部から前腕にかけて痛みを感じるようになった。常に痛だるく、腕の曲げ伸ばしや、手を広げたり握ったりすると痛みが強くなる。指先を使うような作業でも痛みが生じ、なかなか改善しないために来院。


まず状態を確認したところ右腕を曲げたり伸ばしたりする動作と、手を閉じたり開いたりする動きで右肘周辺に痛みが生じました。上半身、特に右半身の筋肉が硬く圧痛を感じる場所もあり、肩や腕の動きを妨げるような状態になっていました。右前腕がやや内旋傾向で動きの悪さを増悪させる状態になっていました。


初回の施術では右肩周囲の筋肉を緩め、固さを改善し肩の動きを調整していきました。特に肩が前に入るような姿勢があったため、姿勢の矯正を行い、肘周辺の筋肉も緊張状態が高かったため、筋肉の緊張を緩めていきました。肘関節や手関節の動きにも制限があったため、矯正を行い、筋肉の動きの再教育を行なっていきました。施術後は肘の曲げ伸ばしでの痛みはあまり感じなくなりました。2回目の施術時は、またゴルフをやったところ前腕の痛みが強くなったが、前回ほどの強い痛みは出ておらず状態は落ち着いていました。初回同様の施術を行い、手のストレッチを指導しました。
  その後、週1回のペースで施術を続けていき6回目の施術でゴルフをやっても痛みがほとんど出なくなってきました。しばらくメンテナンスで通っておりましたが転勤を機会に終了いたしました。肘関節の動きは肩関節の動きに連動するため、肩関節の動きが悪くなると、肘関節を痛めてしまうことがあります。この方の場合は手首の柔軟性がなくなっていました。手首を動かす筋肉は肘からついてくるため、手首も硬くなってくると肘の動きを制限してきてしまいます。
  肩、肘、手首の調整を行なっていくことで、肘の動きはスムーズになっていきました。症状が出て間もない状態だったので、回復にあまりお時間がかかりませんでした。
  KIZUカイロプラクティック本院 竹中伸太郎

症例の検索
部位別ファイル検索
arrow 顎(あご) arrow 太腿、膝、足 arrow 頭 arrow 肩、肘、手 arrow 腰 arrow 骨盤 arrow 首 arrow 股関節 arrow 背中
arrow arrow arrow
arrow arrow arrow


臨床ファイルトップにもどる 全ファイル一覧 本院 トップへ 臨床ファイルトップにもどる 全ファイル一覧 ページ上部へ