胸郭出口症候群・肩の痛みと腕のしびれ(32歳 事務員)

2ヶ月前、年度末のためにかなり仕事が忙しくその時から少し左肩と腕に張りを感じ、しばらく続いた。忙しかったのであまり気にしていなかったが、仕事が落ち着いてから徐々に症状が強くなり、左肩の前あたりと左腕から小指にかけてのしびれが始まる。整形外科に行きレントゲン撮影では特に異常が見当たらなかったが、肩の前の筋肉にストレスをかけるテストで痛みが再現され胸郭出口症候群と診断された。消炎鎮痛剤、血流改善剤を処方されたが改善しなかった。黄金週間に旅行に行くのでその前に出来ることはないか整体に行くと、3割ほど楽になったが改善には至らず。インターネットを調べると、KIZUカイロプラクティックで似たような症例を見つけ来院。


この方は身体全体に疲労感を感じており、両方の肩が前に出て首がストレートネックという 最近パソコンを使う方に特に増えている状態でした。両肘を曲げて後ろに引く胸郭出口症候群の検査では痛みの再現がみられました。胸や肩周りの筋肉である大胸筋、小胸筋、三角筋前部繊維、斜角筋にトリガーポイント。頚胸移行部と肩甲骨の内転制限がありました。


今回のケースは胸郭出口症候群という診断を受けてのご来院でした。胸郭出口症候群とは胸にある骨や筋肉により血管や神経が物理的に圧迫されることで、引き起こされる腕から手にかけての痛みやしびれなどの症状のことです。この方の初診時の検査結果によると、症状の主な原因はトリガーポイントと呼ばれる、筋肉からの関連痛でした。通常筋肉は怪我やストレスが続くと凝りますが、その状態がさらに続くと凝っている場所と違う場所に痛み・しびれ・異常感覚を引き起こします。この方の場合、デスクワークをたくさんしたことに加えて重い荷物を左肩にかけていたことがきっかけだと思われます。初回はトリガーポイントに対する処置を行い、そこに負担をかけないように姿勢の改善や関節を調整したところ、施術前の5割ぐらいになりました。その後、週1回の施術を続けた結果4週間7割以上の改善が見られた。現在は2週間に1度の定期的なケアのため来院されています。
  KIZUカイロプラクティック本院 竹中伸太郎

症例の検索
部位別ファイル検索
arrow 顎(あご) arrow 太腿、膝、足 arrow 頭 arrow 肩、肘、手 arrow 腰 arrow 骨盤 arrow 首 arrow 股関節 arrow 背中
arrow arrow arrow
arrow arrow arrow


臨床ファイルトップにもどる 全ファイル一覧 本院 トップへ 臨床ファイルトップにもどる 全ファイル一覧 ページ上部へ