バレエによる左膝の痛み・反張膝(37歳女性)

5年前から趣味でバレエをやっている。最近、座っている状態から立ちあがる時に左膝に痛みを感じるようになった。2週間前からは屈伸すると左膝の下方に痛みが出て徐々に強くなってきている。10年ぐらい前から腰の痛みも気になっている。


姿勢を観察したところ左膝が伸びすぎて反りかえっている状態でした。 これは膝の前後が逆になってしまっており、反張膝といわれるものです。この状態は通常よりも膝に負担がかかり、さらに膝の骨と骨の間の空間が狭まりトラブルが起こりやすい形になっています。


初回の施術では骨盤のバランスを整える事と太ももの筋肉の張りを弛める事を重点的に行いました。 膝と骨盤はお互いに関係し合いどちらかがトラブルを起こすと他方にも影響が出てきます。  まずは膝への負担を軽減させるように調整しました。5回目の治療ぐらいから立ちあがる時の痛みの軽減がみられ8回目の治療で屈伸の痛みに変化が出てきました。  今回の症例は)構造的な問題が関わっておりこの改善とその部分にかかっている負荷の軽減が重要になります。
  KIZUカイロプラクティック本院 竹中伸太郎

症例の検索
部位別ファイル検索
arrow 顎(あご) arrow 太腿、膝、足 arrow 頭 arrow 肩、肘、手 arrow 腰 arrow 骨盤 arrow 首 arrow 股関節 arrow 背中
arrow arrow arrow
arrow arrow arrow


臨床ファイルトップにもどる 全ファイル一覧 本院 トップへ 臨床ファイルトップにもどる 全ファイル一覧 ページ上部へ