高齢者の入院中の安静による歩行困難な腰痛

70代後半の女性で肺炎で入院中に左下寝てばかりいて、徐々に腰痛が悪化する。1週間の入院後、歩行困難になる。寝返りでも腰部に激痛は走り、お嬢さんに連れられて来院する。


来院時、整形外科テスト&可動域テストは、痛みのため実施不可能な状態であった。歩行は、お嬢さんの手を借りて、どうにか前のめりで歩いている様子。ベッドに横になるのがやっとな状態で、その状態から少しでも動こうとすると腰部に激痛が走る。圧痛は、腰部自体にはなく、仙腸関節に存在する。


施術は、うつ伏せ、上向きにはなれない状態であったので、横向きで行う。右仙腸関節の安定を目的に、初めは股関節を屈曲位で行い、徐々に足を伸展位にしながら股関節屈筋群の筋膜を伸ばしながら、右仙腸関節の後方へのズレを少しずつ取っていくようにする。同じ動きを何度か繰り返すうちに、痛みが消失し、15分後には、立位になってもらうとすぐに腰が伸び立つことができ、歩行も可能になる。

今回の症例は、入院による高齢者の安静による弊害である(長時間の臥位)。長時間寝ていると筋力は落ち、関節の安定性も低下します。特に通常でも骨盤が後傾している方は注意が必要です。骨盤の後傾は脊柱を支える力を失い仙腸関節のズレを誘発し、今回のような歩行困難、寝返り時の激痛が起こる要因になります。
カイロプラクティックでは、骨盤の後傾に対して適切な施術が可能です。高齢者の施術では、骨密度や変形など注意することが多々ありますので信頼できるWHO基準のカイロプラクター(JCR登録カイロプラクター)に見てもらうことをおすすめいたします。
KIZUカイロプラクティック本院 木津直昭

症例の検索
部位別ファイル検索
arrow 顎(あご) arrow 太腿、膝、足 arrow 頭 arrow 肩、肘、手 arrow 腰 arrow 骨盤 arrow 首 arrow 股関節 arrow 背中
arrow arrow arrow
arrow arrow arrow


臨床ファイルトップにもどる 全ファイル一覧 本院 トップへ 臨床ファイルトップにもどる 全ファイル一覧 ページ上部へ