ゴルフでの腰痛は左の股関節と猫背が原因
33歳 女性 プロゴルファー


ツアーで活躍している女子プロゴルファー。数年前に左腰を痛め、それから長時間の運転で違和感があり、そこから動き出すと痛みを感じるようになった。電気を当てて対処しているが、なかなか良くならない。
フォローからフィニッシュの際に左腰がうまく回らず、思うようなフィニッシュが取れず、スイングが安定しないことが悩みで来院。


姿勢と可動域から、左股関節が外側に流れやすく、上体が右に傾いていた。脊柱の後弯が若干あった。関節と筋肉では、左仙腸関節の後方変位、左大腿筋膜張筋と中殿筋の筋力低下、左腰方形筋、腸腰筋の過緊張がみられた。また、左の腰筋群と殿筋には過緊張が見られた。静止時の姿勢、可動域、筋力、動きにおいての身体のブレを考慮し、スイング分析を行った。左に踏ん張りが利かず、左の股関節と仙腸関節、左の起立筋に負担を掛けていた。これが、根本的は原因と考えられた。


過緊張を起こしていた右の筋肉を緩和し、筋力がうまく発揮されていない右の外転筋に対してアプローチ。そして、左の仙腸関節と脊柱後弯に対して動きをつける施術を行い、筋力をチェックすると7割ほど筋力は戻っていた。最後に、スイングをしながらグラストン治療をし、動きの微調整を行った。施術後は、ここ数年感じることのなかったスイングが出来たと喜んでいた。ストレッチを指導し、自宅でやってもらう。今後は施術に加え、筋力の正常化と長い間の癖で起きた癒着の除去を行う。プレーをしながらの施術になるので、中長期的な計画を立て継続治療中。
 
今回の原因は、左の踏ん張りが利かないことで軸がブレて身体が回らないことと、背中の後弯(猫背)があることで、上半身と下半身の前後軸を崩し、回転とフィニッシュでのしなりを制限していたことが原因でした。
フォローからフィニッシュにおいて、外に流れながら左股関節軸で回るので、上半身への回転もうまく伝わらず、しなやかなフィニッシュ姿勢が取れなくなっていました。 特にアマチュアの方は手打ちになりスライスが多くなりますし、手首や肘を痛める原因にもなります。また、身体が回らないので、腰痛や背筋痛の原因にもなります。身体の異常を戻して、いいスイングを手に入れましょう。
 
※ゴルファー必見!!自分の歪みのタイプを知って、スイングに生かしてください!!
KIZUカイロプラクティックANNEXブログ
「ゴルフ好きのためのやさしい身体改革講座」

症例の検索
部位別ファイル検索
arrow 顎(あご) arrow 太腿、膝、足 arrow 頭 arrow 肩、肘、手 arrow 腰 arrow 骨盤 arrow 首 arrow 股関節 arrow 背中
arrow arrow arrow
arrow arrow arrow


日本橋メイン 日本橋メイン 日本橋メイン トップへ 臨床ファイルトップにもどる 全ファイル一覧 ページ上部へ